WordPressのサーバー移行に関する覚え書き

広告




AppleShare Server 3.0 Setup

サーバーを移転しました

先日、ALOHAYOUはサーバー移転をしました。
別にアクセス数が増えて、サーバーが重いので……という訳では全然なくて、利用しているAmazonアソシエイトのプラグインのエラーの為です。

8月15日からAmazonアソシエイトの利用に署名認証が必要になりました。
すると、今までの状態では「アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。」と表示されてしまいます。

そこでAmazon APIの認証に対応しているプラグインを探したのですが、ありがたいことに今まで利用していたwp-tmkm-amazonをバージョンアップしてくれている方がいらっしゃいました。
今までのエントリで書いたタグが使えるのは大きいので、迷わずこちらからダウンロード。
wp-tmkm-amazonプラグイン配布

そしてプラグインを有効にしたところ、何故かエラーのままです。
もちろんAccess Key IDとSecret Access Keyを新たに取り直して、管理画面に入力しています。

あれこれ悩んだ末、新wp-tmkm-amazonの制作者に問い合わせしたところ、ご丁寧な返信を頂きました。
それによると、サーバー内にphpのhashモジュールが必要とのこと。

私が利用しているXREAは値段が魅力ですが、その分それなりの機能です。
サポートフォーラムのphpモジュール申請のスレッドを見ると、昨年からAmazon API認証の為の要望が出されていましたが、改善されていないところを見ると、厳しそうです。

そこでようやくサーバーの引っ越しを考えることに。
もちろん、できるだけコストを安くがモットーです。

移転先のサーバー選び

安いサーバーといえば、まっさきに頭に浮かんだのがロリポップ!です。
容量的にどうかと思ったけど、ディスクも増やせるみたいだし、何より値段がXREAとほとんど変わらない。

ロリポップの上級にあたるチカッパも考えたけど、この金額ならさくらのレンタルサーバのスタンダードを選びたいところ。

調べてみると、それぞれにお試し期間があるのでロリポップとさくらインターネットの2つに申し込んでみました。

この投稿時では、どちらのサーバーにするか決めかねていますが、管理画面の使いやすさ、設定のしやすさはさくらインターネットの方が上でした。
電話サポートがあるのも、管理画面の操作に慣れるまでは有り難いところ。
ロリポップのサポートはメールのみですが、レスポンスは悪くありません。

月額費用が2倍近く違うので比べるのは酷ですが、1年間で考えるとロリポップは4,725円(内、初期費用1,575円)。さくらインターネットは6,000円(内、初期費用1000円)で、それほど大きな差を感じませんね。

WordPressにはインポート機能がありますが、デフォルトでは2MBを超えるファイルが読み込めません。

ロリポップは、こちらの「WordPressのインポート機能で2MB制限を突破する方法」。
.htaccessをイジると何故か動作しなかったので、原始的ですがエクスポートしたxmlファイルを2MBになるように分割して。

<item>

</item>

が1つのエントリなので、そこを切らないように編集します。
分割したら、そのままでは読み込んでくれません。
2分割した場合は、後半部分にあたるxmlにも

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

</wp:tag_name>

にあたるxml宣言から、内包するタグのデータをコピーしてやる必要があります。

さくらインターネットでは、こちらの「WordPress の移行は終了」を参考に、php.iniを編集すればOK。

ドメイン管理元のVALUE-DOMAINからネームサーバを変更。

【ロリポップの場合】
uns01.lolipop.jp
uns02.lolipop.jp

【さくらインターネットの場合】
ns1.dns.ne.jp
ns2.dns.ne.jp

というわけで、2つのサーバーにWordpressをインストールをしながら試してみます。

これから移行する人は、コリスさんのWordPressのサーバー移転メモ:バックアップ編というエントリが参考になりそう。

【8/31 追記】
XREAでWPのtmkm-amazonプラグインが動かない件というエントリを見つけた。
XREAでもいけるという話です。
ウチの借りてるサーバーでも可能なんでしょうか?

残念ながらもう契約しちゃったので、とりあえずは新しいサーバーで。契約期間が終わったら考えよう。

コメント

  1. […] 以前にレンタルサーバーを移行しましたが、更新時期が近づいていた為に、またまたサーバーを移転しました。 […]